MENU

整体・ピラティス うさぴこへようこそ

骨模型をもつ女性施術者

はじめまして。

女性のカラダの悩みによりそうサロン「整体・ピラティス うさぴこ」の施術者、田村祐子です。
整体の業界に入って9年目になります。

このサロンでは、利用者さまのお話を聴き、動きを視て、からだに直接触れながら、一人ひとりにあったプランを提案していきます。

体を内側から、外側から変えていくために。

あなたを困らせる痛みの習慣を手放し、心地よいからだを一緒に目指していきましょう。

 

うさぴこのサロンの特徴

うさぴこのサロンの特徴

 

施術

うさぴこでの施術は2種類あり、基本となるのは「オステオパシー誇張法」です。
カンタンにいうと、誇張法は骨に触れ、そこにつながる「靭帯」の緊張をゆるめながら全身のバランスをととのえていきます。

もう1つの整体は、筋肉の硬結を見つけて圧迫し、血流を回復させる「トリガーポイント療法」です。
誇張法よりも圧はやや強めですが、先に誇張法でゆるめた後に、体の流れの促進する目的で行います。

(利用者様のお体の状態によっては、誇張法を優先して整体を行わないこともあります)

 

ピラティス

BESJピラティスのムーブメントを軸に、体の調整・筋力の強化を目的として行なっています。

施術の効果をより持続させるためには、ご自身でメンテナンスをしていただくのが一番です。
そのため、基礎的な動き〜中強度レベル程度のレッスンを、わかりやすい言葉を使って提供するよう心がけています。

特徴的なのは、毎回必ずフットケアを取り入れること。

足は体の重さを支え、安定させると同時に、一歩前へと進むための力を生み出す場所です。
体の問題というと痛みのある場所だけに目や意識がいきがちですが、実際には足の使い方に問題があるということも少なくありません。

足のトラブル(タコ・マメ・爪の変形等)で専門家のケアが必要な場合には、紹介も行なっています。

 

うさぴこが大事にしていること

うさぴこでは体のこと、日常のこと、食べ物のことなど、一見関係のなさそうなことまでお話を伺っています。

その理由は「情報の中から体の問題を見つけ出す」ためです。

施術者はあくまで体をととのえるお手伝いをする「サポーター」であり、体の主人であるあなた自身が、体を損なっている原因に気がつく必要があります

そのため、うさぴこではカウンセリングを重視しつつ、
「痛みを改善し、その後も自分の体を自分でケアできるようになる」
ことを目指していきます。

 

プロフィール

独立の話

生理をととのえるうさぴこ飯のバナー

うさぴこはここにあります

住所:〒167-0022 東京都杉並区下井草2-6-8-2F
※ここは自宅ではありません。休日の来院やセールス等は固くお断りします。

詳しい行き方はこちらをご覧ください。