足元を見直す

歩きにくい黒い靴

夏空とひまわり

暑さがぶり返しましたね!
夏もあとほんの少し…かな?

 

今日は私がパートタイム整体師だった頃からのお付き合いの、
Iさんがお子さん連れでいらっしゃいました。

 

お子さんは今幼稚園で、夏休み期間中です。
就園前からのお付き合いのため、お子さんのこともよく知っています。

 

サロンにはお子さま向けの遊び道具はないのですが、
Iさんが施術している間、バランスボールに乗って遊んだり、
持ってきたゲームをしながら待っていてくれました。

 

 

Iさんは今、やりたい勉強をしながら、育児にパートに…と、
日々忙しくされています。

 

 

ところが、今月に入る頃から、
左側のお尻から腿にかけての横、後ろ側にしびれと痛みを感じて
座るのも辛い、という状況で来院されました。

食べ物や、生活のことなどいろいろお話を伺う中で気がついたのは、
どうやらIさんのパート先に身体の痛みの原因の一端があるようです。

 

飲食店の食事の並んだテーブル

 

というのも…

・パート先は飲食店

・人が少ないため、彼女が一人でホールを切り回していることが多い

・支給された靴のサイズが合わない上に滑り止め加工がしてあり、硬くて疲れる

 

支給された靴は指定であり、それ以外の靴は認められていないとのこと。

恐らく安全面を考慮してのことだと思うのですが、
さらに詳しく聞くと、ユニセックスでサイズもフリーというのだから驚きです。

ちなみに、本人から送っていただいた画像がコチラ↓

歩きにくい黒い靴
店長さんもしょっちゅう腰を痛めているそうなのですが、
少なからず…足に合わない靴を履いて長時間仕事をされていることが
原因の1つだと思います(お会いしたことはありませんが)。

Iさん自身は辞めたいものの、人手不足もあり、
なかなか辞めさせてもらえないそうです。

 

そのようなお話を聴きながら、Iさんのご要望により、
整体をメインで先週、今週とお身体をみさせていただきました。

 

まず、足がこれまでになくガチガチで、特に膝下の緊張が強く、ついでに臀部、
腰部〜頸まで全体に固まっていました。

また股関節のつなぎめ、腸腰筋や腹部も緊張が強く、ソフトな圧でも痛るレベル。

 

1回目の施術の後、だいぶ楽になったと喜んでいらっしゃったのですが、
私は無理を承知で、パート先の靴をとにかく変えたほうがいい、とお伝えしました。

 

指定である、というのはわかっていたのですが、続けざるを得ないのであれば、
自分の身を守ることをまず優先すべきです。

 

足の形なんて人それぞれなのに、個人に合わせた靴を選べないなんて
そんな職場、ごめんなさい、ワタシ的にはもっての他です。

 

足元の疲労は体全体に波及します。

だって足は、身体全体を支えるだけでなく、進むための推進力が必要な場所。

そこが満足に機能できない状況で、「あれして、これして」というのは、
無茶もいいところです。

 

まして飲食業は、立ちっぱなし、動きっぱなしの現場。
従業員に腰痛持ちが多いのであれば、まずは足元の環境を見直すのが先決だと考えます。

 

そして今日。

一週間ぶりのIさんにお話を伺ったところ、

 

「内緒で靴をかえたの。インナーも入れて。
そしたらすごく楽になった!!」

 

とのこと。さすがIさん!
言われてすぐ行動に移すことができるのが、彼女のすごいところです。

 

今回は身体全体が前回よりも緊張がとれ、
背骨を支えようとガチガチになっていた後背部の筋肉が弾力を取り戻していました。

 

背骨は感情が特に現れやすい場所。
特に腰痛は、怒りの感情と関係が深いともいわれています。

 

Iさんのストレスはパートだけが原因ではないのでしょうけれど、
身体を痛める原因に気がついて、1つでもその原因を取り除くことができれば
身体は必ず変わります。

 

そんなIさんから、施術の感想をいただきました。

スポーツマッサージ、整体、整形外科、針、ツボ押し、大学病院あちこち行っても治らなかった私の坐骨神経。
諦めていた時になんとなく施術してもらった田村さん(^ ^)
一度の施術で私の体に血が流れ、生き返るのが分かります(^ ^)
体がサーっと波打つのがわかるんです。

あんなに痛くて座れなかった坐骨神経が、座れるようになり。
そして育児、パート2つ、学校2つ、卓球とまた限界まで無理をして一日中動き回ります笑

でもわたしには田村さんという体のメンテナンスのエキスパートがいるから怖くありません。
やりたいことを全部成し遂げるには、無理をしないと出来ないことがあります(^ ^)
無理をして、苦労して、たくさん楽しんで、人生を満足したいんです(^ ^)
私が私らしく生きるためにも、田村さんの助けが私には必要なんですよ(^ ^)
Yの面倒も見ていただきありがとう😊 また行きますね!

 

Iさんには、会うたび元気をいただいています。
でもどうか無理をせずに、身体を労る時間をもってくださいね。

 

※サロンでは、基本的に抱っこ・おんぶの講座以外でお子様連れは承っておりませんが、
5歳以下のお子様で、預け先がないという場合にはご相談ください。
(狭いので複数名は不可)