イメージで苦痛を和らげる

南天
こんにちは。整体・ピラティスうさぴこです。
年末ですね。2018年もあとわずか。

私は術後ということもあり、家や近所に買い物に行く程度の穏やかな毎日を送っています。

先日、術後はじめての診察を受けに行きました。
あの内診が苦手、というひとは少なくないでしょう。

 

今日はその内診時の苦痛を和らげる技をお伝えしていきます。

 

 

入り口を広げる時、器具を使われると緊張しますよね。

そのときに、あなたの好きな、「ふれると安心するもの」を頭の中に思い浮かべてみてください。

 

うさぎを抱っこする女の子

 

例えば、やわらかな動物の毛並み。

生クリームやふわふわのスポンジ。

シルクの手触り。

お子さんの髪の毛やほっぺた。

ぷにぷにした赤ちゃんの手のひら。

その温度や香りまで想像できるとなおいいですね。

 

ちなみに、わたしが思い浮かべていたのはコレです↓

これね〜すんごく柔らかくて弾力があるんですけど、表情がいいのでクスッとくるのがいいんですよ。

 

実際にあたっている器具はこれらと真逆のものですが、でもそれを意識してしまうとからだが一気に固くなり、入り口を狭めてしまいます。

 

だからこそ自分の好きなものに、頭の中で触れてみてください。

きっと顔がふにゃっとして力が抜けて、いつもよりも楽に検査が受けられるはずです。

私はこれで乗り切りましたよ!
親指を立ててGOサインを出すうさぴこ
年末年始、世間のふわふわワクワクした空気とはうらはらに、様々な病気や問題を抱えて、気持ちが塞いでいる方もいらっしゃるかと思います。

でも、春は必ずやってきます。
ずっと冬なんてこと、ないんです。

 

笑顔で新年を迎えられますように。

来年もよろしくお願いいたします。